カヨコ♪♪♪♪♪の思考

私自身が思った事をそのまま書きます。出来るだけ、言葉には気をつけます。

熱量

昨日は、どうしても確実にほしい物があったから、朝からバタバタ動いた。
なんとか間に合った、でも既に待ってる人もそこそこ。目の前には目的地に向かうエレベーター。
乗るか乗らないか、私も含め様子を伺う。
乗っていく人を見た。次が来たら乗ってみるか。
せっかちなとこが出て、乗ってみたものの通過。
やっぱりか。
でも私と一緒に乗ってきた人が5人ほど。
目的地は同じか?そんな事を思ってると。
『10時になって、エレベーターが降りていったらショックですよね』と男性が言う。
そうか、今ここに止まってるエレベーターを動かないようにしたらいい。
降りるボタンを押す。扉が開く。ボタンを押しっぱなしにして、扉が開いたままの状態にした。
10時になって、一斉に乗り込むヲタク達。
『みんな行くとこ同じだよね?』と女子と男性。
私だけは違うんですと、私が降りるのを待ってた女子に言う。そういうと女子も、みんなのとこに小走り。それを見て手を振る私。アホか。
何だかフワフワした気分になったんだもん。
好きなジャンルは違っても、それに対する熱量は同じ。それが何だか楽しく幸せに思えた空間だった。